ワークショップ(作業場)のご紹介

2014年も11月となりました。来月12月は当サイトのライティングコールマンがオープンして満10年となります。この間、数えられないほどのオールドコールマンに出会い、数え切れないほどの方々といろいろなお話をさせていただきました。色々と時代とともに変遷を遂げてきた当サイトですが、10年経っても日米間のお付き合いはバーチャルなオンラインをメインの手法としていることには変わりありません。

しかし、バーチャルな向こう側には、このようなタイムスリップしたようなオールドコールマンに囲まれ、古いホワイトガソリンのにおい漂うワークショップ(作業場)の存在があります。ここから一見朽ちて見えるようなオールドコールマンが見違えるように蘇る一方、時として無理無駄な分解を繰り返した結果、無様にもタンクだけになってしまったようなオールドコールマンなど、この10年間の思い出がぎっしりと詰まっている空間です。

ワークショップと言えば欠かせないのがやはり『ワークベンチ』です。このワークベンチもオールドコールマン専用のワークショップのため、カスタマイズした手作り品です。一般的には四方八方から作業できるようにするタイプが主流ですが、小さなパーツをまとめるためにあえてバックパネルを装着し、整理できるようにしてあります。


ホワイトガスやオイルまみれとなったワークベンチのトップ。


ほこりをかぶったタンクなどなど。


こちらは誇りまみれのベンチレーターなど。


今だどのモデル用の何なのか分からないようなパーツも・・・


陳列棚の一角です。


何やらごちゃごちゃ・・・


停電時などに備え、すぐに点火可能な状態に。


オールドコールマン以外の古いものも結構転がっていたりします。


オールドタックル(釣具)も好きです。


あまりぶる下げすぎると危ない高さ。頭上注意?


一応取っておきましょう。いつか役に立つのかな・・・


NOSのパーツ。


どのモデル用だろうか・・・?


役立つツール達。

この自作ワークベンチも10年選手です。ベースは2x4の材木に、天板と下の板を張ったシンプルな作りです。今ではオイルまみれになり、相当年季が入ってきました。ちなみに時代の経過とともに、我が家の娘達もずいぶんと大きくなりました。(↓)。


上の娘、現在10歳と11ヶ月ですが、この写真は2007年頃です。現在は以下(↓)
のように成長しました。


そしてこちらは下の娘、8歳になりました。そして現在は以下(↓)のようになっています。同じようにワークベンチの上で撮ってみましたが、かなりはみ出してしまっています。ちなみに小さい頃は『ランタン』と言えず、『チンチン』と言っていました。



ライティングコールマンワークショップ情報は随時更新させていただきます。

前のページに戻る  次のページ(88)

チェックバルブレンチ
絶対に必要です!

オールドコールマンのメンテナンスには、チェックバルブレンチは必需品です。ライティングコールマンで主に利用しているものは1960年代頃のものですが、日本国内では大型アウトドアショップのナチュラムさんで入手できます。

U.S.モデル用はこちら icon で、カナダモデル用はこちら iconで購入できます。※注:当方オンラインショップへの注文ではありませんので、ご注意ください。当方からは商品紹介のみとなります。購入は、ナチュラムさんへの直接注文となります。


チェックバルブレンチについては、こちらの参考ページ
をご覧下さい。

 

 

転送サービスのご要請はこちらまで


ヴィンテージバイク用のガソリンタンク、
シリンダーなども対応できます。